ご購入いただいた全てのお客様に 1年間の保証 & ボックスをプレゼント中!

男は見た目ではない?いいえ、見た目です。仕事ができる見た目とは? 

スーツの着こなし

男は見た目ではない?いいえ、見た目です。 仕事ができる見た目とは? 

スーツの見た目から受ける人の印象は大きなものです。

例えば、

  • サイズの合わないヨレヨレな高級ブランドスーツを着ている人。
  • シワのないフィットしたスーツを着た人。

あなたならどちらと取引したいですか?

多くの人が後者を選ぶでしょう。装いに気を遣うことができる人は、仕事も丁寧に違いない、仕事ができる人と思うはずです。

海外の紳士たちは、スーツ姿でその人の仕事ぶりを測ります。”できる男”を見分けるものは高級な時計や、財布でもありません。いくらブランド物で身を包もうが、人の内面はその着こなしから浮き彫りになるのです。

ビジネススーツの着こなし方は3ステップ

スーツスタイルにおいて一番大切なことは、着こなしであり、マインドセットです。

分かりやすく3ステップでご紹介したいと思います。

ステップ1:自分が何者なのかを表現する

スーツは自分が何者なのかを表現するツールであることを忘れないでください。

逆にいうと、スーツは戦略的に着こなすことで、なりたい自分になれる最高の武器となるのです。
ビジョンを明確に持ったスーツ選びが大切です。

“人はその制服通りの人間になる”  
――ナポレオン・ボナパルト

ステップ2:正しく着る

スーツスタイルには明確なルールが存在します。特にビジネスにおけるスーツは、「正しく着る」事に徹底しましょう。

ジャケットの袖、スラックスの裾、丈は合っていますか?ヨレヨレのスーツを着ている方、結構多いのです。小さすぎるスーツも、不自然な形になります。

着席時はスーツのボタンをはずすなど、所作に気を遣うことも「着こなし」の一部です。

ステップ3:ファッションとして楽しむ

日本のビジネススーツは、制服としての要素が強く、個性の表現として楽しむことに欠けています。
「個性」はその人の「豊かさ」を象徴します。すなわち、ファッションとして楽しむ。この余裕を持つことが大事だと思うのです。

ここまで行きついた人は、その装いを見るだけで”余裕”と”知性”を垣間見ることができるでしょう。スーツ姿だけで「デキる男」を演出することが出来るのです。

このように、ビジネススーツの着こなしは3ステップです。

  • 自分が何者なのかを表現する
  • 正しく着る
  • ファッションとして楽しむ

スーツの着こなしを知ると、そこからのハズシやヒネリ、ONとOFFなどといったおしゃれの幅が広がるはずです。

皆さんも自分のスタイルを見つけて、どんどんおしゃれを楽しみましょう!



~最高級な装いを完成させる、最後のピース~
タイピン専門ブランド|アーバンタイ
ネクタイピン専門ブランドのアーバンタイ純粋に最高級のネクタイピンをつくるために誕生した、日本で最も革新的なタイピン専門ブランド。衣類を傷めない特許技術を出願。ジュエリーデザイナーと日本の熟練職人がタッグを組んで造り上げた最高傑作です。#保証付き #名入れ刻印 #隠しメッセージ #日本製
URBAN TIE運営
スーツスタイルwebマガジン
”ジェントルマン ファッション プレス”
スーツスタイルにはルールがあります。お洒落はセンスだけではありません。ファッション雑誌では教えてくれない、リアルで使える着こなし術、紳士のマナーなどを随時配信しているので是非チェックしてみてください。
>BE GENTLEMAN -進化したタイピン-「URBAN TIE」

BE GENTLEMAN -進化したタイピン-「URBAN TIE」

純粋に最高級のネクタイピンをつくるために誕生した、日本で最も革新的なタイピン専門ブランド、アーバンタイ。 ジュエリーデザイナーが手掛け、一流のジュエリークラフトマンによってひとつひとつ手作業で仕上げられています。細部まで行き届いた職人の技が、曇りのない輝きとなって、あなたの胸元を照らします。丁寧につくられたネクタイピンは手にした瞬間、高級感と気品を感じられることでしょう。